ドメインを接続してWordPressをiPageにインストールする方法

iPageは、ホスティングのニーズが比較的単純な顧客を主に対象とするホストとして長い歴史があります。そのため、ドメインを接続してWordPressをインストールすることで、ホスティングを簡単にセットアップできると思っていました。それがどれほど簡単かについて私が正しかったかどうか見てみましょう.


まず最初に。まだ読んでいない場合は、私のiPageレビューとiPageで新しいアカウントを作成する方法に関する私の記事を読むことをお勧めします。終わったらここに戻ってくるのをお忘れなく.

まだ私と一緒に?ドメインの接続とiPageへのWordPressのインストールの私の経験について読むことができるので、良いです。おまけとして、CDNを設定するために必要なことを確認します.

WordPressのインストール

iPageアカウントを作成すると、次のページが表示され、WordPressをインストールする場所(指定したドメイン)を入力するように求められます。ドメインはデフォルトで、最初のサインアップ時に購入または移管を要求されたドメインになります。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image1にインストールする方法

これで、WordPressのインストールと構成が開始され、完了までに1分もかかりませんでした。その結果、新しいWordPress Webサイトを確認する次のメールが送信されました。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image2にインストールする方法

この時点で、ようやくiPageダッシュボードにアクセスできるようになりました。そこから、非常にシンプルなインターフェースを介してWordPressホスティングを制御できます。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image3にインストールする方法

ここで、別のWordPress Webサイトを作成し、SiteLockセキュリティを有効にし、サイトのバックアップなどの他のオプションにアクセスできます.

WordPressセットアッププロセスは、プラットフォームを導入し、最も重要なWebサイト設定のいくつかを構成するのに役立つ(オプションの)ウィザードで終了します。静的なWebページを表示するか、ニュースやブログの投稿でサイトを更新するかを尋ねると、ウィザードが自動的に「お問い合わせ」ページを作成します.

ドメインを接続してWordPressをiPage-image4にインストールする方法

ウィザードが新しいWordPress Webサイトを起動するときに、セキュリティを向上させ、統計を追跡するためにJetpackプロファイルを接続するように求められました。この段階でサポートによって解決しなければならない問題がありましたが、それはプロンプトに従う簡単なプロセスであるはずです。問題が解決したら、[承認]ボタンをクリックしてJetpackのセットアップを完了します。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image5にインストールする方法

これにより、無料のJetpackライセンスがWordPress Webサイトにインストールされます。ただし、Jetpack Webサイトからプレミアムプランの1つを購入することもできます。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image6にインストールする方法

ドメインの接続

サインアップ時にiPageからドメインを購入した場合、ドメインでWebサイトを利用可能にするために追加の手順を実行する必要はありません。.

私のように、GoDaddyなどの別のプロバイダーからドメインを購入した場合は、GoDaddyネームサーバーにiPageを指定する必要があります。 iPageは、これを行う必要があることを明確にしておらず、役立つドキュメントも提供していないため、GoDaddyドメイン側でDNSレコードを更新する方法を自分で理解する必要がありました.

新しいWordPress Webサイトを作成するときは、適切なドメインを指定し、ドメインレジストラーがiPageを指していることを確認するだけです。.

CDNを設定する

私はあなたのことは知りませんが、私のウェブサイトのパフォーマンスが最適であることが好きです。したがって、私が最初にしたかったことの1つは、CDNをアクティブにして、訪問者がページをより速くロードできるようにすることです。ダッシュボードではこれを行う方法が明確にされていませんが、SiteLockスイートが提供する機能の1つであることを偶然知りました。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image7にインストールする方法

SiteLockには、選択したiPageの「WP Essentials」プランが無料で付属していますが、自動的には追加されません。代わりに、それを購入するためのクレジットが割り当てられました。

ドメインを接続してWordPressをiPage-image8にインストールする方法

SiteLockを自分のドメインに関連付けるとすぐに、 CDN /ファイアウォールが自動的にアクティブ化されました, だから私がすることはこれ以上ありませんでした.

結論

iPageアカウントを作成し、WordPressをインストールし、いくつかの基本的なドメイン設定を行い、SiteLockを介してCDNをアクティブ化しました.

私の結論は、これまでのところ、iPageは初心者にやさしくアクセスしやすいホスティングプラットフォームを提供するという野心に応えてきたということです。私の唯一の注意点は、ドメインへの接続とSiteLock CDNの設定に関して、画面上のプロンプトの形でより多くのガイダンスを受け取っていたら良かったということです。.

何らかの理由で、Jetpackのインストールが思ったほどスムーズに行われませんでしたが、明らかに個人的な問題(影響はないはずです)はすぐにサポートチームによって解決されました.

これらすべてを実行するのに10分弱かかりました。これは、新しいホストでこれまでに経験した中で最も速いセットアップ時間の1つです。.

iPageダッシュボードはアップデートで実行できるため、より魅力的なインターフェースで同様に簡単なエクスペリエンスを探している場合は、おそらくGoDaddyを使用する必要があります。 iPageにまだ興味があり、まだ興味がない場合は、iPageのレビュー全体を読むことをお勧めします.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me

About the author

Adblock
detector